汽車旅モノローグ~鉄道小話

鉄道の話題・今昔話を綴るブログ。旧「黒羽君成の鉄道小話(北海道コラム)」

車両・列車

2012年5月から実戦投入されている735系電車

2016/08/13

学園都市線電化開業が目前に迫っています。

2010年、3輛ユニット2編成のみ製作されました735系は、約2年の各種試験を経て、同線の開業1ヵ月前から実戦投入されております。

残念ながら私は乗ったことはまだないのですが、自分の通勤時間帯から、彼らにお目にかかるのは、夕方、2ユニット併結の6連で函館線での活躍を見るのみであります。

735系電車

<写真1>

 

735系電車

<写真2>

<写真1,2>とも「小樽発岩見沢行き区間快速」233レ、Tc735-102以下6連。
2012.5.24.17:18撮影、琴似。

スポンサーリンク

以下はおまけです。

北海道の電車は、特急と空港アクセス快速(エアポート)以外は3連1ユニットで、ラッシュ時2ユニット、閑散時1ユニットで走ります。

5月12日のコラム欄に、網走特急(オホーツク)は183系ディーゼルの110km/hr対応車なのに、各駅停車の電車は札幌・岩見沢間で4箇所も120km/hrを出して走っていると申しました。

ラッシュ時の3連2ユニットと言うのは、721系と731系電車の組み合わせなのですが、3・4輛目の運転室には乗務員さんはいません。

計器類は見放題です。スピードメーターももちろんです。

今シーズンは雪が多く、岩見沢・江別間は特に遅れがちでした。

721/731系電車は、各駅停車の時は営業運転速度は120km/hrが上限のはずだったと思いますが・・・時々・・・まぁ・・・定時運転は難しいもんですね。

20120526-3

<写真3>
「小樽発岩見沢行き各駅停車」143レ。幌向・上幌向間で120km/hrでの運転中。
2012.5.21.9:15頃撮影

 

文/写真 黒羽 君成